スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.03.17 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    大学生から見たCIAА〇笋侶亳魁価値ある留学にするためには

    0
      ついに最終日が来てしまいました。
      あと15分ほどでCIAを去ります・・・
      その最後の仕事として、このブログを書きます笑

      最終回なので、ちょっとまじめなテーマについて書きます。

      私は昨夏、いろいろな幸運に恵まれて、最高の経験と満足いくIELTSの得点を得ることができたわけなのですが、
      はっきり言うと、CIAに来てる人も、全員が充実、満足した留学生活を送れて、成果を得て帰れるか、というと、そういうわけではありません。

      この私の連載のターゲットは、私と同じく短期で留学しにいらっしゃる大学生の方々なわけですが、その方々がフィリピンに勉強しにくる目的は、
      「英語を短期間で向上させたい」
      「おもしろい経験がしたい」
      といった感じかなと思いますが、それぞれの方に動機、目標があるはずです。

      初日から全力で、その目標達成のために、何か行動してください。

      口で言うのは本当に簡単ですが、フィリピンでの1ヶ月はめちゃくちゃ速いです。「順応期間」とか言ってだらだらしてたら、気づいたらあと一週間しかない!というケースがよくあります。
      いまCIAにいる学生さんも、CIAを検討していただいている方にも、このことは覚えておいてほしいなと思います。

      僕は本当にCIAが大好きで、いい学校だなと思うので、だからこそ一人でも多くの学生さんに成功してほしいなと思っています。
      なので、多くの方に来ていただいて、CIAライフを楽しんでほしいなと思います。

      これで連載は終了になります。僕は日本に帰って大学生に戻ります。
      毎回長文書いてましたが、最後まで読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。
      Let`s make your story with CIA!
      Riku KURASHITA

      大学生から見たCIAΑ^娚阿乏擇靴ぅ札屮轡謄4儻

      0
        こんにちは、RIKUです

        ついに明日がセブ島最終日となってしまいました。。。残念です

        さて、今回は、セブシティ観光についてです。

        まず、はずせないのが「ジプニー」の存在

        運賃は7ペソ、好きなところから乗れて、好きなところで手すりをコインでコンコン叩けば降りられる、
        とりあえずギューギューまで人を詰め込む、ルートは決まっているが案内図はないので基本は勘で乗る、あちこちを走ってるので3分も待たずに乗れる。。。
        スリ等には注意しなければいけませんが、本当に「発展途上感」といいますか、パワー、勢い、そしていい意味での雑さがすごいです。。。

        セブ市はコンパクトなので、一日あればだいたい回りきれます。


        サントニーニョ教会


        サンペドロ要塞


        モニュメント


        カルボンマーケット(治安には十分注意、複数人でいってください)


        (ジプにーでは無理ですが)道教寺、などなど、、、
        本当は全部詳しく紹介したいところですが、語ると長−−−くなってしまうので、写真のみで紹介させていただきます。

        これらの観光地以外でも、市内をぐるぐる回るだけで、「セブ」を体感することができるので、本当に楽しいですよ。
        CIAの先生にガイドをお願いしてみるのも楽しそうですね!

        大学生から見たCIAァ.札崚腓梁緻昌譟海!!

        0
          こんにちは、学生スタッフのRIKUです。

          今日のトピックを説明するために、言葉なんかいりません。

          日本ではまだ冬でしょうが、フィリピンの夏を感じてください。
          絶対に「フィリピンに来たいな」と感じていただけるでしょう、、、

          ※掲載してる写真はすべて私が行って私が撮りました。
          つまり、フィリピンに来れば、パンフレット等で見るような透明で真っ青な輝く海に、簡単に行けてしまうのです。。。



          フィリピンで、一生の思い出を作ってください・・・

          大学生から見たCIAぁ々餾欷鯲

          0
            今回のテーマは「国際交流」

            (右から、韓国人、台湾人、韓国人、そして日本人の私です)

            CIAの国籍比率は、今の時期だと日本人4.5:韓国人4.5:台湾人1+たまに違う国、といった感じでしょうか。
            (いまは日本の大学の長期休みで、日本人が一番多い時期です。普段は韓国人の割合がもうすこし高いようです)
            そんな環境なので、普段の生活では出会えないような、いろんなバックグラウンドを持った方がCIAにいらっしゃいます。

            たとえば、グループクラスが一緒の韓国人に、近所の韓国料理屋さんに連れて行ってもらって、サムギョプサルの食べ方を教わる、とか
            台湾の大学生流の飲み会を経験したり、とか
            ルームメイトが台湾人と韓国人になって、3人でそれぞれの文化の違いについて話したり、とか

            どれもこれも、CIAでは割と頻繁に起こっていることです。

            また、もちろんですが、日本人以外との会話はほぼすべて英語を使いますよね。
            サムギョプサルの食べ方の説明も聞いて理解しなくてはいけませんし、
            たとえば、逆にもし「What is TEMPURA?」と聞かれたら、英語で答えなきゃいけません

            新たなおもしろい経験と英語上達、両方一気にできるチャンスが、CIAでの日常生活には転がっています。

            大学生から見たCIA 授業

            0
              英語にも、リーディング、ライティング、リスニングなど、色々あると思います。
              しかしその中でも、日本人のみなさんが最も苦手とするのが「スピーキング」ではないでしょうか?

              大学に英語の授業があったり、高校生のときに英語の勉強を頑張ったりした。
              でも所詮それは座学の英語で、実際にうまく使いこなせない!
              将来ビジネスで英語を活用したい!外国人とうまくしゃべれるようになりたい!

              そんな悩みを抱えてる大学生には、ぜひCIAに来てほしいなと思います。

              CIAには、『生きた英語』を学ぶための環境が整っています。
              フィリピン留学の特徴、マンツーマンレッスンも最低4時間(オプションで最高6時間!)ありますし、


              少人数グループクラスでも、多くの発言機会があります。


              また、人前でのプレゼンテーションや寸劇などをする機会などもあり、


              「楽しく英語を使う!!」という点では大変いいプログラムが組まれているように感じます。

              僕自身も、昨夏1ヶ月だけの滞在でしたが、「自分の言いたいことが伝えられる」ようになりました。
              それが自信となって、積極的に英語を使えるようになり、自分の世界が広がりました。
              一人でも多くの方に、この経験を味わっていただきたいなーと感じます。

              大学生から見たCIA◆Cebu International Acandemy

              0
                JUGEMテーマ:フィリピン留学
                こんにちは! 学生スタッフのRIKUです。

                大学生から見たCIA第二回!

                今日は私達の通うCIA(Cebu International Academy)について紹介します

                私から見た、CIAの良いところは大きく3つあります

                .札潺好僖襯織魁璽垢砲茲覬儻豎惱の充実度

                CIAでは、セミスパルタコースというものを採用しています。

                平日の授業は一日10コマ、うちマンツーマンは最低でも4コマあります。

                教師陣のレベルも非常に高く、毎日のハードワークで確かな成長の実感が得られます。

                英語ができるようになりたいと本気で想う学生さんには、強くおすすめできます。

                国籍の割合

                CIAには現在200人以上の生徒が在籍しています。割合は韓国人4.5:日本人4:その他1.5ぐらいです。

                私はこのバランスがちょうどいいなーと感じています。

                寮生活やグループクラスなど、色んな場所で、普段日本にいては知り合うこともないであろう外国人の友達を作ることができます。

                学校内で英語を学ぶだけでなく、国際交流もできちゃうのです。

                一方で、気軽に母語で話すことができる日本人とも、多く知り合うことができます。

                なにか困ったことがあったり、つらいときに母語でコミュニケーションできる仲間がいるというのは、実はかなり心強いことなんです。

                また、頼れる日本人マネージャー(いつもブログを更新しているKoheiさん)が常駐しているので、万が一でも安心できます。

                エキサイティングな場所

                CIAは、マンダウエ市内のA.S.Fortunaという場所に位置しています。

                治安がよく、市内へのアクセスもいいうえに、近くにショッピングモールもあり、住環境は大変いいです。

                ですがセブ市内のほど完全に都市化されてはおらず、「発展途上感」があって、なんというか、いい意味で「うるさい」です。

                僕も最初は戸惑いましたが、だんだん好きになって、日本に帰るとたまにこのうるささが恋しくなってきます笑

                せっかくフィリピンに来たんだから、この雰囲気を感じずに帰るのはすごくもったいないと思います。

                アツいフィリピンを体験しましょう。

                以上が第二段でした。 次は「授業」に焦点をあてて、英語学習についても書いていきます〜

                大学生から見たCIA .侫リピンという国、セブという場所

                0
                  JUGEMテーマ:フィリピン留学
                  こんにちは、RIKUです!

                  今日は連載1回目、「フィリピン、セブ」について書きたいと思います。

                  まずは「フィリピン共和国」について

                  人口  9200万人

                  公用語 タガログ語、英語

                  気候  熱帯

                  国民性 初対面の相手でも関係なく、おおらかで明るい

                  まずはじめに、公用語が英語、というのは非常に大きいです。国民全員ある程度の英会話ができるので、なにかあっても安心ですし、うまくいけば友達もできるかもしれません

                  気候が熱帯なので、一年中夏です。いまは2月で、フィリピンでも気温が低い時期に当たるのですが、それでも20度後半を下回りません。

                  日本に帰ったらどうなるのかなと少しおびえてます笑

                  また、おおらかな国民性のため、たとえば買い物をしているときでも、店員さんが気さくに話しかけてくれて楽しいです。

                  そして「セブ島」について。

                  セブ島の人口は約300万人で、フィリピンではマニラに次いで第二の都市です

                  韓国と日本がリゾート開発のために人と物と金をかなり投資したので、外国人観光客や居住者が多く、外国人向けのレストランやショッピングモールも多く、治安もそこそこ良いです。

                  まだまだ海外経験が少なくて心配・・・という学生には向いてると思います!

                  東南アジアの国ですが、いわゆる「東南アジアらしさ」は少ないかもしれません。

                  物価は日本に比べれば安いので、大学生にはうれしいですね!

                  そして、なんといっても海が美しいです!!!

                  そのことについてはまた後日書きまーす

                  今日は一般的なことを書きましたが、次回はもっと深くまで書きます!!!

                  それでは〜


                  大学生から見たCIA 学生スタッフのRIKUです!

                  0
                    JUGEMテーマ:フィリピン留学

                    みなさん初めまして! 学生スタッフのRIKUです

                    昨夏の写真です笑

                    私は普段は日本に暮らすふつうの大学生です。

                    昨夏、CIAに学生としてやってきて、英語の成長ととても貴重な経験を得ることができました。

                    そしてその後ご縁があって、この春休みに日本人スタッフとして

                    3週間だけではありますが働かせていただけることとなりました。

                    そこでブログを自由に書いていいといわれたので、どうしようかなーと思ったのですが、

                    やはりせっかくなので私にしかできないことをやろうと思い、

                    「大学生から見たCIA」

                    と題しまして、

                    .侫リピンという国、セブという場所

                    Cebu International Academy(CIA)

                    授業

                    ぅラスメイトとの国際交流

                    ゥ札屬梁緻昌譟Beautiful Ocean

                    Π娚阿乏擇靴ぅ札屮轡謄4儻

                    Щ笋侶亳魁価値ある留学にするためには

                    こんな感じで、実際日本から来られる生徒と同じような目線で

                    このCIA、またフィリピンを紹介できたらいいなと思っております。 どうぞよろしくお願いします:)


                    | 1/1PAGES |

                    profilephoto




                    http://cebucia.jp/


                    ブログパーツUL5



                    calendar

                    S M T W T F S
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << October 2018 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    Facebook Page

                    Twitter

                    TweetsWind

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    PR