スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.03.17 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    日本から来た友達とセブを満喫!(アイランドホッピング&ジンベエザメとスノーケル)

    0
      JUGEMテーマ:フィリピン留学

      こんにちは。
      学生スタッフのJOYです。

      昨日8月31日はNational Heros Day(祝日)で学校がお休みでした。
      土曜・日曜・月曜と3連休!旅行したり、ダイビングのライセンスを取ったり、多くの学生さんが出かけられていました。

      私も日本から友達がセブに来てくれたので合流して久しぶりに海へ!
      金曜・土曜・日曜と3日間フリータイムがありましたが、金曜は学校があるため夜から合流。
      頼んでいたものとお土産を持ってやって来てくれました。
      大好物ばかりで嬉しい!
      お土産

      金曜日の夜はフィリピン料理の王道をご紹介しようと「Golden Cowrie」Lahug店へ向かいましたが、改装中。
      気を取り直して、急遽BBQに。ITパーク〜JYスクエアはレストランがたくさんあるので徒歩で「AA BBQ」へ行きました。

      豚肉、鶏肉の他シーフードも豊富にあり、その中から好きな食材を選びます。
      次に調理法を選んでオーダー。
      あとはテーブルで待っていると調理して持ってきてくれます。
      BBQと言っても自分で焼かなくていいので楽チンです。
      どれも新鮮で美味しいですよ〜!
      AA BBQ

      土曜日と日曜日のプランをご紹介!
      <土曜日>
      Nalusuan Islandへアイランドホッピング
      夕食:「Lantaw」Tops店 フィリピン料理

      アイランドホッピングはあらかじめツアー会社に申し込んでいました。
      3人だと割高になるので、他のグループと合流OKで申し込み。

      CIAの友達におすすめしてもらった「Neilrosemark Travel」(LINE ID:sweet4mysweet)で予約しました。
      1人1900ペソ(約5,320円)
      ・往復送迎付き
      ・昼食付き
      ・Nalusuan Islandの入場料込み
      ・ボート費用込み
      ・スノーケル用具

      LINEで問い合わせ、予約ができるので日本のケータイでもWiFiがあれば利用でき、とっても便利です。
      前日までに予約金を支払って、当日に残金を支払います。予約金のお支払いは学校まで来てくれました。きちんと領収証も発行してくれるので安心安心。

      天気もよくてアイランドホッピング日和!
      今回はNalusuan Island反対側のビーチで遊んだり、島でのんびりビールを飲んだり、スノーケルしたり。
      メインのスノーケルを最後にしたので潮が引いて浅くなっていたし、風があったのでいつもより透明度が低かったのが残念。でもたくさんの魚と泳ぐことができました。
      今回は失敗しましたが、Nalusuanに行ったらまずスノーケル→島遊びのほうがおススメですね。
      Nalusuan Island Nalusuan Island Nalusuan Islandアイランドホッピング

      夜ご飯はTopsにある「Lantaw」へ!
      安定して美味しいし、何といっても開放的な雰囲気が最高です。
      セブシティの夜景を眺めながら食事を楽しむことができます。
      ラッキーなことに2箇所くらいで花火も上がり盛り上がりました。
      LantawLantaw

      <日曜日>
      Oslobへ行ってジンベエザメとスノーケリング
      夕食:「Pizzeria Michelangelo」Banilad店 イタリア料理
      マッサージ:「The Spa at Cebu」Banilad店

      オスロブへはツアーを使わずローカルバスで行ってきました。
      片道155ペソですが、CIAの学生証を見せると学生料金125ペソで行けますよ!
      往路は早朝出発の場合約3時間、復路はセブの渋滞があり約4時間半のバス移動が片道125ペソ≒約350円!
      朝は友達のホテルを5時に出発、サウスバスターミナル発5:45ですが無事に座席もゲットできました。

      行った日は3連休の中日だからか、夏休みだからか、めちゃくちゃ混んでいました。オスロブ到着から1時間半後くらいにやっとスノーケルができました。
      スノーケルは1人1,100ペソ(約3,100円)
      カメラはグループで550ペソ(約1,550円)

      餌付けされてはいるものの、ジンベエザメを間近で見ることができ、一緒に泳げるのはとっても貴重な体験です。
      なにげに私今回で3回目のジンベエちゃんでしたがまだ感動できました!
      OslobOslobOslob

      次は私も初めて行った滝、「Aguinid Falls」レベル0〜5までさまざまな種類の滝があってジャンプしたり滝を登ったり、個人的にはとても気に入りました。アトラクション要素満載です!
      かなりびしょびしょになるのと防水カメラじゃないと持っていけません。
      今回はだれも防水カメラを持っていないのでびしょびしょ直前までの写真しか撮れず残念。。。
      Aguinid FallsAguinid FallsAguinid Falls

      Oslobからバイクで片道30分ほど。海沿いを走るバイク移動も爽快です。
      Aguinid Fallsへバイクへ向かう道中

      Aguinid Falls:300ペソ(約840円)
      入場料別:40ペソ(約110円)
      滝内はインストラクターが案内してくれます。無償でガイドしているようなのでチップを渡す必要があります。
      私たちのグループはお金をオスロブに置いてきていて、30ペソしかありませんでした。約1時間半ほどガイドしてもらってお世話になったのに、本当にすいません。

      オスロブからセブに戻ってからは、夕食のレストラン「Pizzeria Michelangelo」へ直行!
      セブで人気のイタリアン。パスタ・ピザ・リゾットをシェアしましたがどれも美味しかった〜。
      ワインも久々に飲んで上機嫌♪
      Pizzeria Michelangelo Pizzeria Michelangelo

      最後は徒歩で「The Spa at Cebu」へ。ここはセブのマッサージでは高めな料金設定ですが、シャワー、お風呂、サウナなどがあるのが◎
      スタッフの腕も確かです!
      マッサージ好きの友達も満足していました。
      The Spa at Cebu

      友達2人は深夜便で帰国!お別れは寂しいですが、セブで楽しい思い出が増えて嬉しかったです。
      2日間遊び倒して楽しかったー!友達にも喜んでもらえて良かったです。
      NalusuanでのスノーケルとOslobでジンベエとのスノーケルはやっぱり一押しです!!

      月曜日が祝日で良かった。連休最終日はずっと寝てました。

      アイランドホッピングでナルスアン島へ行ってきました!

      0
        JUGEMテーマ:フィリピン留学

        こんにちは。
        学生スタッフのJOYです。
        先週末は新しくできた台湾人の友達+日本人でアイランドホッピングに行ってきました!
        Nalusuan Island!
        スノーケルにとてもおすすめの島です。魚になれる!
        空はちょっと雲が多かったですが、海の中は透明度が高いし、魚がたくさんいるので満喫できました。ついつい張り切って泳いでしまって今は筋肉痛です。

        台湾人のLaneyが手配してくれて1人あたり1300ペソ(11人以上は1名無料でさらに−120ペソ。最終1180ペソ)で参加させてもらいました。


        <ツアー内容>
        CIA⇔マクタンの送迎付き
        昼食付き
        ナルスアン島の入島料込み(その他の島に上陸する場合は別途入島料が必要)
        アイランドホッピングのボート代
        スノーケルの用具
        ライフジャケット
        ビール、ジュース、水


        <昼食メニュー>
        ポークBBQ、フライドチキン、エビのバター炒め、カニのスパイシー料理、イカのグリル、フルーツ(マンゴー、スイカ)




        あーーーー楽しかった!
        水中カメラが欲しくなりました。
        友達が撮ってくれた写真を拝借。


        マラパスクア島へ1泊2日旅行

        0
          JUGEMテーマ:フィリピン留学
          こんにちは。
          学生スタッフのJOYです。

          先週末は妹がセブに遊びに来てくれたので、一緒に旅行してきました。
          体重の増加と日焼けがいよいよ深刻な問題になってきた今日この頃です。

          旅行先は、『Malapascua Island』
          現在、セブ滞在8週目の私はすでに綺麗なビーチを結構見てきましたが、また一味違った海でした。
          海以外は何にもない!!とてものどかな島です。
          でもそれがのんびりできて心地よかったです。

          先にマラパスクア島でのお気に入りの一枚を。
          マラパスクア島

          まず朝7時にセブシティのホテルよりノースバスターミナルへ向かいました。
          以前サウスバスターミナルを利用したことがありますが、サウスと比べてノースは人が少なく、マラパスクア!と伝えるだけで、周辺の人達がマヤ港行きのバスを教えてくれます。
          スムーズに停まっているバスに乗車完了!

          エアコン無しのバスでしたが、まだ朝方で比較的涼しかったので、まぁいっかと乗り続けました。これが失敗!
          ノースバスターミナルからマヤ港へは、バスで4時間くらい。
          初めは若干空席があるものの、何度も停まって乗客を乗せるので途中は満席に、マヤ港に着くころには数組が残っているだけでした。
          窓は閉まらない仕組みで、髪の毛は吹きさらしでパサパサ、4時間で顔がススだらけになりました。バス代は163ペソ(約450円)

          ずっとこんな感じです。
          エアコン無しバス

          やっと着いたと思っても、まだマヤ港。ここからは船でマラパスクア島へ向かいます。
          ボートは、人数が少ないからと200ペソ(約560円)。
          少し値段交渉にトライしてみるも、乗るしかないので結局言い値で乗船。島まであと50メートルというところで、小さいボートに乗り換えます。
          マヤ港マヤ港

          やっとマラパスクア島に到着!
          と安心していたら、ボートのスタッフが近づいてきて小さいボートの乗船代を請求されました。
          別料金なんかい!としぶしぶ20ペソ(フィリピン人の乗客はすーっと退散していたので、恐らく外国人のみ?)
          マラパスクア島

          ホテルはインターネットで、清潔そうで、ビーチから遠くなくて、高くないところを選択!
          思っていた通りで満足。
          現在プールの工事中で夜中も工事をするとのこと。チェックイン時に知り、ホテルを変えてもOKとのことでしたが、疲れていたし早く部屋で休みたかったのでそのままチェックインしました。
          プール(工事中)に面した部屋でしたが夜も気にせず眠れました。

          SLAM'S Garden Resort 1泊あたり1室3800ペソ(朝食込み)

          適当に身支度をし直し、ランチへ!すでに15時を過ぎていてかなりお腹が減っていました。
          ビーチに面したなかなか雰囲気の良いレストランに入りました。
          マラパスクア島旅行

          マラパスクア島旅行 マラパスクア島旅行 マラパスクア島旅行
          串カツ盛り合わせ
          シーフードカレー
          生春巻き
          冷麺
          ビール
          ジュース
          など
          食べ過ぎました。。合計1800ペソ(約5,000円)
          リゾート価格なのかやや高めですが、雰囲気も良いし生春巻き以外は美味しかったです!

          そうこうしているうちに日が落ち始めたので、今度は夕日を見る為に別のビーチへ。
          ビーチチェアーがあったので、食べたばっかりでしたが、座るためにまたレストランへ。
          寝ころびながら夕日を見る。。。そしていつの間にか寝てる。。。とっても贅沢な時間でした。

          夕日がとてもキレイーーーー!!!
          マラパスクア島旅行

          目覚めるとまた小腹が空き、ピザとタコスをオーダー。全部でドリンクも含めて800ペソ(約2,200円)でした。
          マラパスクア島旅行

          2日目はアイランドホッピングへ。
          マラパスクア島は東西に1km、南北に2.5kmという小さな島です。
          アイランドホッピングは1000ペソ+どこかの島の入島料?100ペソ 合計3人で1100ペソ(約3,000円)
          マラパスクア島を1周しながら3つのスノーケルポイントを巡ります。
          マスク代は込みでしたが、ライフジャケットはなぜか1つのみでした。しかもボロボロ。
          船もかなり年季が感じられましたが、安かったしスノーケルを楽しめたので良しとします。
          ポイントによって海の透明度が違ったり、海底の様子が違って楽しめました。
          マラパスクア島旅行マラパスクア島

          最後のランチはホテルのスタッフにおすすめを聞いて、ビーチサイドにあるAnjelinaというイタリアンレストランへ。
          ピザとリゾットはとっても美味しかった〜!!
          パスタは残念でした。味付けは好きですが麺が切れ切れ。
          ドリンクも含めて1,700ペソ(約4,800円)でした。
          マラパスクア島マラパスクア島マラパスクア島

          インターネットでマヤ港発の最終バスは15時と調べていたので、ランチを食べるとすぐにボートに乗る為ビーチへ向かいました。
          帰りのマラパスクア→マヤ港ボートは小さいボート(20ペソ)+大きいボート(100ペソ)+小さいボート(20ペソ)でした。
          行きと帰りで乗り換えの数と大きいボートの乗船代が違うのが謎です。

          マヤ港からセブへの帰りのバスは、数台のバスの中からエアコン付きをきちんと選んで帰ってきました。
          映画も上映しているし座席もエアコン無しより広くて快適です。帰りは道が混んでて5時間くらいかかりました。バス代:180ペソ(約500ペソ)
          エアコン付きバス

          行き帰りのバス移動に疲れますが、のどかな雰囲気を味わうのにはおすすめの島です。
          1泊でも十分楽しめるので、週末を利用して行ってみてはいかがでしょう?

          1泊2日でセブからボラカイ島旅行

          0
            JUGEMテーマ:フィリピン留学

            こんにちは。
            学生スタッフのJoyです。

            先週は台風6号について心配しておりましたが、少し方向が逸れたのでフィリピン・セブにおいては特別な影響はありませんでした。
            今度は日本を横断するという予報を見て心配しております。
            無事に通過しますように。

            ちょうど先週末はボラカイ島への旅行を計画していたのでちょこちょこ天気予報をチェックしておりました。
            いよいよバッチメイトの1名が最終週となり、思い出旅行へ。
            快晴!とはいかず少し残念でしたが、それでも綺麗なビーチに癒されてきました。

            今日はボラカイ旅行についてご報告。
            まずはインターネットでセブ⇔ボラカイ(カティクラン)の往復航空券を購入。セブパシフィック航空で、5,280ペソ(約14,700円)でした。

            ホテルも事前にインターネットで予約。
            値段重視で探し、1人1泊830ペソ(約2,320円/素泊まり)で予約。
            ホテル名:Mito's Place Boracay
            クイーンサイズベッド1台とシングルサイズベッド1台で4人寝ました。
            多少の不便さはあるものの1泊なので良し。ビーチまでのアクセスも良くお値段重視ならおすすめです〜!
            隣にはスターバックス。
            Mitos Place Boracay

            ↑ここまでは事前予約。あとは現地で手配しました。
            カティクランは厳密にはラナイ島にあって、ボラカイ島まではさらにボートでの移動が必要です。
            行きの飛行機の中でCAさんが、ボラカイ島までのチケットを販売していました。
            いまいちよくわかりませんでしたが、事前に購入したほうが安いという言葉を信じ400ペソ(1,120円)で購入。

            カティクラン空港に到着すると、空港を出てすぐ向かい側にあるsouthwestのカウンターで手続きをします。
            eチケットとホテルの予約記録を見せるだけでOK。
            するとホテル名を書いたシールを目立つところに貼るように言われます。
            ボラカイ(カティクラン)空港→ボートターミナルまで送迎 ほんの5分ほどの距離

            ボートターミナル内もsouthwestスタッフが誘導してくれて迷うことなし。
            ボートに乗っていざボラカイへ!乗船時間は15分ほどでした。
            バンカーボートで移動

            ボラカイのCAGBAN PORTからもスムーズに誘導してくれ、ホテル名を見せるとジプニー(8名で貸し切り状態)で送迎してくれました。約25分
            メインロードで降りてそこからは徒歩でホテルへ。約5分
            ジプニーで移動

            1日目はまずショッピング!そしてランチを食べた後、ビーチへ。
            Dタリパパ:ボラカイ最大のマーケット。値段も安いです!
            友達は350ペソ(約980円)で可愛い水着をゲットしてました。
            あとは可愛いバングルやTシャツなどが売っています。
            私は110ペソ(約300円)のココナッツオイルと240ペソ(約670円)のマッサージオイルをお土産用に購入。
            ランチはセットメニューを皆でシェアしたので一人300ペソ(約840円)程度でした。中華風でお味も良かったです。
            Dタリパパ

            Dモール:ボラカイ最大のショッピングモール
            雑貨、洋服、レストランなどが軒を連ねています。誰も乗っていませんでしたが観覧車もありました。商品は綺麗な感じがしましたが、Dタリパパと比べるとかなり高めでした。

            そして!ビーーーーーーーーーーチヤッタvヤッタvヤッタv
            グリーン、ライトブルー、ブルーと3色の海に癒されました。
            グリーンの正体は細かい藻?わかめ?で海に入ると体に結構へばり付いてきます。
            ホワイトサンドが印象的。
            サラサラした砂で柔らかく、裸足で歩くと快感です。
            ホワイトビーチ

            夕食は、寮では提供されない...ピザ!
            久しぶりに食べたピザ&ケンタッキーのようなチキンが美味しかったです。


            夜は台風の影響か風が強かったですが、50%OFFのビーチサイドバーを見つけて楽しみました。

            2日目も朝から海!ブランチはスタバにしました。
            海を眺めながらのスタバ。これもボラカイならでは?安定のお味でした。
            お昼過ぎにはチェックアウトをして帰路に着きました。

            メインロードまでは徒歩、そこからトライシクルで港へ。1台100ペソ
            港に着くとボートの乗船料25ペソとターミナルフィー100ペソが必要。
            CAGBAN PORTからボートでカティクランへ。
            結構早めに着いたので港から空港へは徒歩で移動しました。10分程度

            2日間はあっという間、セブからの旅行でもボラカイ島へは費用がかかると言われていますが、日本からボラカイビーチを目指して旅行することを考えると安いので、チャンスがあればおすすめします!
            超快晴の日を狙って是非。

            ジンベエザメに会いにOslobへ

            0
              JUGEMテーマ:フィリピン留学
              こんにちは。
              学生スタッフのJOYです。

              私にもいます!バッチメイト(Batch mate)。
              フィリピン留学では、同じ日に入学する新入生のことをバッチメイトと言います。

              同じ日に入学するという共通点だけで、なんだか親近感を覚えるものです。
              日本人同士ならなおさらで、皆さんすぐに仲良くされています。

              バッチメイトと迎える初めての週末は、Oslob(オスロブ)へ行ってきました!
              ジンベエザメと泳ぎにkyukyukyu

              オプショナル会社でもツアーが組まれていますが、今回はバスを利用して自力で。
              1週目からなかなか冒険的な日帰り旅行となりました。

              まずは朝5時に集合そして、出発!
              ・・・の予定がちょっとバタバタして、結局5:20の出発に。
              出発時はまだ薄暗かったです。
              朝5時過ぎのA.S.Fortuna st

              タクシーでサウスバスターミナルへ。(CIAから20分、124ペソ+入場料10ペソ/約360円)

              バスターミナルに到着するとびっくり!まだ5:40というのにすごい人!人!人!
              バスが到着するなり、というよりまだ到着する前にバスに群がって、外から自分の荷物を放り入れて席を確保する人も。
              乗れないかもと不安になり、心が折れそうにもなりました。
              サウスバスターミナル

              1本目のバスはエアコンなしで、窓が開いてるタイプ。群がる人達を見るだけでスルー。
              2本目のバスはエアコン付き。これに乗りたいな〜と思いましたが、先頭集団だけで満員になり、乗れず。
              次こそは!
              やったーーーー!3本目のバスで7席確保できました。達成感が半端なかったです。
              バスに乗れたのは6:20、出発は6:40でした。

              エアコン付きで快適。室温もちょうどいい感じ。バスではJポップやKポップの懐メロが流れて遠足みたいな気分でした。
              お菓子を食べたり、寝たり。3時間半もバスの中なので、食べ物は必須です。あと、トイレに行けないので注意。
              途中で、乗務員さんが乗客を回って、行き先別に金額表を渡してくれます。
              少し時間を置いて運賃を徴収に。ちゃんとお釣りももらえます。
              片道155ペソ(約420円) バス代安い!!!
              バスのチケット

              オスロブには10:10到着。

              いくつかショップが連なっているようですが、私たちはバスを降りた場所に一番近いショップにそのまま入りました。
              ジンベエザメと泳ぐプラン 1,000ペソ(約2,700円)
              入場料 100ペソ(約270円)
              カメラはグループで 550ペソ(約1,480円)
              滝を見に行くツアーを追加 140ペソ(378円)
              ----------------------------------------------------------
              一人あたりトータル1,320ペソ(約3,600円)


              まず海の綺麗さにびっくりです。毎週海に出かけたくなる!
              綺麗なブルー。言葉ではうまく表現できないので、写真を見てください。
              Oslobの海

              そして、シュノーケルでは、ジンベエザメが本当に近い!
              口を開けて近寄られると恐いくらいです。
              餌付けされていて3・4頭くらい見ることができました。
              大迫力のジンベエザメ

              カメラをお願いしていたので、ジンベエザメが近くまで来るたびに写真を撮ってくれました。
              ジンベエザメと泳げるツアー、本当におすすめです!機会があればぜひ!
              ジンベエザメと♪

              30分くらいでシュノーケルは終了。
              次におすすめされた滝を見に行くツアーに参加することに。
              ジンベエザメのショップからバイクで往復送迎してくれます。
              このバイクでの移動が何気に楽しかったです。
              途中までは海を見ながら、途中からは山道をぐんぐんバイクで爽快に走ります。
              バイク移動

              滝の名前は「Tumalog Water Falls」。
              入口から徒歩で500メートルとのこと。バイクではなく歩いて行くことに、行きは結構急な下り坂。
              ってことは、帰りは急な上り坂できつかったー。

              肝心の滝は、何故だか乳白色の滝壺も珍しくとーーーーーーっても神秘的でした。
              マイナスイオンをたっぷり浴びれた感じです。
              バイクにも乗れるし、オスロブまで行ったならぜひこちらも行った方が良いと思います。
              Tumalog Water Falls

              少し遊んで再びジンベエザメのショップへ。
              お腹が減ったので、ランチを食べることに。
              私は100ペソのツナ+ライス+目玉焼きのランチにビール(サンミゲル・ピルセン)60ペソにしました。
              海側にテラスがあり、いい雰囲気でした。味は、、、値段相応といったところ。
              海を見ながらランチ♪

              お腹も満たされそろそろ帰ることに。
              帰りは14:20頃から、バス停と思われる場所で待ちました。
              日影がほとんどなくて辛かったです。
              14:35にバスが通るもすでに満席で乗れず、
              14:45に来た次のバスに乗車するも席がなく、2人掛けに3人で腰を掛けたり、地べたの段差に座ったり。
              約1時間半後に降りる人がいて、席をゲットできましたが、今度は交通渋滞に巻き込まれました。
              サウスバスターミナルに到着したのは、19:15。帰りは4時間半かかりました。
              疲れました。ちなみに帰りのバスも往路と同じ手順で運賃を払いました。155ペソ

              寮の食事時間に間に合わなかったので、JモールのJollibeeに寄って帰りました。

              めちゃくちゃ疲れたけど、本当に行って良かったです。
              楽しかったーーーー!!早朝から充実したお休みとなりました。

              コロン湾 in Palawan

              0

                コロン湾へ行ってきました。
                かなり強行スケジュールでしたが航空券がとっても安かったんです。
                コロンはセブ島南側に浮かぶパワラン島の北部に位置しています。
                セブからは飛行機で約1時間。
                パワラン島は世界の中でも最後の秘境と言われているところ。
                フィリピンの他の地域とは大きく異なり、密林に覆われたジャングルのような島です。
                有名なスポットとしては、コロンの他にアンダーグランドリバー(世界遺産)のあるサバン、そしてエルニドなどがあります。
                以前、サバンに行ったので今回のコロンで2回目のパラワンです。


                これがメインのコロン湾。曇っていなければもっともっと青かったんですが残念です。
                コロンの港からバンカーボートで20分くらいでした。


                カヤンガンレイク。
                細い山道をトレッキングすること約10分。上り階段300段、下り300段くらいでしょうか。
                森を抜け、この光景が目に飛び込んできたときには息を呑みました。
                早朝で私たち以外に誰もいなかったこともあり、ひっそりしていて素晴らしい場所でした。
                湖ということで、海水ではなく淡水です。
                雲がはれて太陽が出ると湖の底の方まで透き通って見えるんです。
                しばらくここでスノーケルをしたり、横になったりしてのんびりしました。
                最高の癒しの場所です。


                これはコーラルガーデンでの1ショット。
                餌付けされているため、こちらが潜ると餌を求めてやってきます。
                近くにある沈船が魚たちの住処となっているようでした。
                ボーダーを纏った魚たち、海のブルーとよく合いますよね。

                パラワンはフィリピン国内でも有名なダイビングスポット。
                トゥバタハリーフなどは世界自然遺産にも登録されているくらいです。
                そしてコロンでは運が良ければジュゴンに会うことができるんですよ。(時期による)



                そして今回、ヨランダの爪痕を目の当たりにしてきました。
                空港も屋根が吹き飛んでいたり、空港名の文字が吹き飛ばされたままになっていたり。
                道沿いの木もほとんどがなぎ倒されていました。
                本来、緑が青々と生い茂っていたであろう光景が、幹や根っこだけの「茶色」となっていました。
                コロンのメインタウンに関しても、台風で吹き飛ばされたままの家などが目立ちました。
                パラワン島全域でまだ電気が復旧していない状況で、日が暮れてからの時間帯のみジェネレーターを使用しているとのこと。
                問題はジェネレーターで使用する燃料と、壊れてしまったジェネレーターの修理だそうです。
                マニラから届くのにかなりの日数を要するとのこと。
                コロンに住む人たちにヨランダの話を聞きましたが、本当に酷かった光景が頭に浮かびました。
                本当に早い復旧を望むばかりです。
                パラワン以外でも電気の復旧していない地域がいくつかあります。
                旅行を計画している方はその点もちゃんと理解した上でお願いますね。

                また海外旅行者が訪れることによって被災地を救うことにもなるのだと認識しました。
                ヨランダの影響で旅行者が一気に減ってしまったそうです。(Travel Alertが発令されている為)
                旅行者が減ると、観光業を主としているその地域の経済はストップします。
                ホテルやダイビングショップ、ツアー会社、おみやげ屋、すべてに影響が出てきます。
                私たちに何ができるか、と考えている人は、被災地となってしまった観光地に赴き、お金を使ってあげることも1つの方法です。
                注)) タクロバンなどダメージが最も酷かった地域には行けませんのでご注意ください。

                台風の爪痕は酷かったです。また電気も復旧していません。
                ですが、コロン最大のスポットなどは台風前と何も変わることなく美しいままでした。
                自然の力は恐ろしくもありますが、素晴らしい再生能力を持っているのだと感じました。


                AKI




                旅行のあれこれ

                0


                  セブでの留学中、「フィリピン国内の旅行」を計画する方も多く見受けられます。
                  そこで良く受ける質問は「AKIさん、ツアーとかってどこで申し込めばいいんでしょうか」です。
                  もちろん慣れない土地で旅行を企画するのは大変です・・・。
                  とくにスクールメイトやバッチメイトと大勢で行く場合、必ず誰かが”幹事”をしなくてはなりません。
                  韓国人、台湾人の友人達との旅行ミーティング、旅行エージェントとの英語でのやり取り。
                  私も経験者なので解りますが大変なのです・・・。

                  CIAの学生さんで良くあるパターンは3つ。
                  .丱奪船瓮ぅ箸覆10名以上でマクタン島付近のアイランドホッピング。(日帰り)
                  仲良し数人とちょっと遠出してセブ島郊外や他の島へ旅行。(CIAトラベルフォームの申請必要)
                  1人もしくは少人数で海外(タイ、シンガポールなど)へ。(Eチケット、CIAトラベルフォームの申請必要)


                  アイランドホッピング
                  マクタン島から30分くらいの近場の島へ行きます。
                  アイランドホッピングやダイビングで使用するのは、バンカーボート(写真A)というフィリピンオリジナルのもの。<写真A>
                  私はこのバンカーボートがとても大好きです。
                  真っ青な海と空、島のグリーンに白いバンカーボートはとても映えますね。



                  <写真B>


                  セブ近場であれば、マクタン島発→ナルスアン島へのアイランドホッピングが人気です。
                  ナルスアンに関する過去の記事はコチラ
                  多くの方はバッチメイトと行くことが多いです。
                  アイランドホッピングの場合、シュノーケル代やランチ代もすべて込み。
                  値段はお店などによってピンきりですが、まずはCIAオフィスに相談してみてください。


                  △舛腓辰髪鷭

                  セブ島のあるフィリピン中部のビサヤエリアには、バケーションで訪れたくなるような綺麗なビーチを持つ島がたくさんあります。
                  他の島へ行く場合は、フェリーよりも飛行機が便利。
                  そして各航空会社のWEBサイトからもパッケージツアーが申し込めます。
                  航空券代、ホテル代など込みなのでオトクだと思います。

                  その他、セブ市内のモールの中にも数々の旅行エージェントが入っています。
                  モールへ行く用事があれば、相場をチェックしてみるのもいいかもしれません。

                    
                    
                  *上記プライスは2013/11/20現在のものです。

                  セブ島北部のバンタヤン島、マラパスクア島をはじめ、ビサヤ地方は先日のスーパー台風ハイエンで壊滅的な被害を受けたところが多いです。
                  CIAでは現在、地震・台風の被害を大きく受けた場所へのトラベルフォーム(旅行申請書)の受理をストップしています。一部被災地では治安が非常に悪くなっており、危険な場所もあるためです。
                  CIAでは学生の皆様の安全を考え、このような対応をとっています。
                  ご理解とご協力をお願いいたします。


                  AKI



                  世界のベストアイランド2013

                  0

                    アメリカの旅情報誌「トラベル&レジャー」による「2013 World's Best Island」が発表されています。

                    1位:パラワン島(フィリピン)



                    2位:ボラカイ島(フィリピン)



                    3位:マウイ島(アメリカ)
                    4位:サントリーニ島(ギリシャ)
                    5位:プリンスエドワード島(カナダ)
                    6位:バリ(インドネシア)
                    7位:カウアイ島(アメリカ)
                    8位:シチリア島(イタリア)
                    9位:サムイ島(タイ)
                    10位:ガラパゴス諸島(エクアドル)

                    なんと上位2つをフィリピンが占めていますね〜
                    7,107の島から成り立つフィリピン。
                    手付かずの島や美しい自然が残った島など本当にたくさんあります。
                    その中でもパラワン島とボラカイ島がランクインしているわけですね。

                    ボラカイ島は小ぢんまりとした島で、ビーチ沿いはリゾート化されています。
                    ですが、どこまでも透明なあんなに美しいビーチは私も生まれて初めてみました。
                    セブから国内線で1時間半ほどです。

                    パラワン島は最後の秘境と言われている島。
                    日中は電気が通っていなかったり、道路が舗装されていなかったりします。
                    パラワン島自体かなり大きな島なので、自分が目指す場所によって交通手段も変わってきます。
                    上の写真はパラワン島のコロン湾という場所ですが、コロン湾に行く場合は、セブからマニラ経由で向かうことになります。
                    詳しい話はまたいつかブログでご紹介します。

                    両者とも以前訪れたことがありますが、それぞれ雰囲気が異なり、とても素敵な場所でした。

                    こうして世界から旅行者がやってくることは地元の人にも利益をもたらすので良いことではありますが、ホテルや宿の新規建設、ゴミの問題なども深刻です。
                    私たち「訪れる側」もできることはどんどんしていきたいですね。
                    こんな綺麗な島、いつまでも残したいです。
                    時間がある方は是非行ってみてください。
                    「地球って素敵だな」って思うはずです。

                    AKI




                    にほんブログ村

                    にほんブログ村

                    にほんブログ村

                    CPDRCについて。。。

                    0
                      2回にわたってCPDRC(囚人ダンス)をご紹介させていただきました。

                      もうひとつ魅力があるんですっ!!

                      それがTシャツなんです。



                      オレンジ色でなかなか目立ちますが、

                      お土産にも、自分で着るにももってこいだと思いませんか?

                      値段が280ペソ。良心的な値段です。

                      買って損はしないと思います。

                      こんなに魅力の詰まったCPDRC、セブにいるなら行かない理由がありませんね。

                      お薦めしますっ!!!!

                      Kohei


                      にほんブログ村

                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 ---------------------------------------------------------------- 別窓リンクのタグ Yahoo!JAPAN

                      CPDRCについて。。。

                      0
                         以前のCPDRCの記事は読んでいただいたでしょうか?

                        囚人ダンスを見に行くのも楽しみですが、実はそれだけではないんです。

                        もう一つの魅力は、CPDRCの護送車に乗ること。

                        いや、そのために行くという人もいるはずです。

                        見に行くために、州政府庁舎に集合するんですが、

                        そこから刑務所までがこれっ!!



                        そして、車内がっ!!!



                        フィリピンの粋な演出がたまりませんね。

                        そして、山道を登っていきます。少し揺れながら、他の旅行者との会話を楽しみ。

                        ここが刑務所です。



                        Kohei



                        にほんブログ村

                        にほんブログ村

                        にほんブログ村 ---------------------------------------------------------------- 別窓リンクのタグ Yahoo!JAPAN

                        | 1/2PAGES | >>

                        profilephoto




                        http://cebucia.jp/


                        ブログパーツUL5



                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << October 2018 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        Facebook Page

                        Twitter

                        TweetsWind

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR